出会い系をおすすめしたくなるエピソード

偏見を持っていた出会い系への認識が変わった

偏見を持っていた出会い系への認識が変わった | メッセージを送っても返信が来ない | 経験することで女性に対するハードルが下がった

以前の自分は「出会い系」という言葉にネガティブなイメージしか持っていませんでした。
そのようなものを利用しないと異性と交流できない人に対し、さげすむような感情を持っていたいような気もします。
しかし、自分が実際に利用したことによって、その認識は大きく変わることになりました。
出会いがないと嘆いている人たちに、自信を持っておすすめできるぐらいの経験は積みました。
そのきっかけになったのは、異性の少ない職場に就職したことでした。
一流の企業に入れば楽しい交際が待っていると信じ、学生時代はひたすら勉強に打ち込んでいたことを思い出します。
まさに灰色の日々であり、それくらいの希望を抱かないと前進できませんでした。
苦難を乗り越えて有名な大企業に入りましたが、その夢は一瞬にして砕かれることになります。
同僚たちを見渡すと、自分よりも異性との交流がなさそうな人ばかりです。
このような人たちといくら親睦を深めても、そこから異性と知り合う糸口が見つかるとは思えません。
先輩たちも同様であり、異性よりも仕事や趣味に没頭してそうな雰囲気が漂っています。
異性の社員との恋愛だけでなく、同僚や先輩からコンパの誘いを受けるという淡い期待も裏切られたのです。
自分で努力するか現状を変える方法はないと悟り、試行錯誤して辿り着いたのが出会い系を使うという手段でした。
当時は出会い系の数はまだ少なく、有名どころは5つぐらいしかありません。
その中で無料のところを選び、プロフィールを登録してみました。

おすすめの出会い系 / おすすめNo.1を比較してみた